django.contrib.auth

このドキュメントでは、Django の 認証システムのコンポーネントの API リファレンス資料を提供しています。 これらのコンポーネントの使い方や、認証と承認をカスタマイズする方法の詳細は、 認証トピックガイド を参照してください。

User モデル

フィールド

class models.User

User オブジェクトには、以下のフィールドがあります:

username

必須です。150 文字以下です。英数字のほか、_@+.- が使えます。

max_length は多くの状況で十分のはずです。もしより長い文字数が必要な場合は、独自のユーザモデル を参照してください。utf8mb4 エンコーディングで MySQL を使っている場合は (適切な Unicode をサポートするために推奨されています)、最大でも max_length=191 としてください。なぜなら、MySQL は、でおフォルトでは 191 文字まででしかユニークインデックスを作成できないからです。

ユーザ名と Unicode

Django originally accepted only ASCII letters and numbers in usernames. Although it wasn't a deliberate choice, Unicode characters have always been accepted when using Python 3. Django 1.10 officially added Unicode support in usernames, keeping the ASCII-only behavior on Python 2, with the option to customize the behavior using User.username_validator.

first_name

Optional (blank=True). 30 characters or fewer.

last_name

Optional (blank=True). 150 characters or fewer.

Changed in Django 2.0:

max_length は 30 文字から 150 文字に引き上げられました。

email

Optional (blank=True). Email address.

password

必須です。パスワードのハッシュであり、パスワードについてのメタデータでもあります。(Django は生のパスワードを保管しません。) 生のパスワードは、任意の長さで、あらゆる文字を使用可能です。詳しくは password documentation を参照してください。

groups

Group への多対多のリレーションシップです。

user_permissions

Permission への多対多のリレーションシップです。

is_staff

真偽値です。ユーザが admin サイトにアクセスできるかどうかを指定します。

is_active

真偽値です。 このユーザアカウントをアクティブと見なすかどうかを指定します。 アカウントを削除するのではなく、このフラグを False に設定することをお勧めします。 そうすれば、アプリケーションに外部キーがある場合でも、外部キーが破損しません。

This doesn't necessarily control whether or not the user can log in. Authentication backends aren't required to check for the is_active flag but the default backend (ModelBackend) and the RemoteUserBackend do. You can use AllowAllUsersModelBackend or AllowAllUsersRemoteUserBackend if you want to allow inactive users to login. In this case, you'll also want to customize the AuthenticationForm used by the LoginView as it rejects inactive users. Be aware that the permission-checking methods such as has_perm() and the authentication in the Django admin all return False for inactive users.

is_superuser

真偽値です。明示的にアサインすることなく全てのパーミッションを持たせるかどうかを指定します。

last_login

ユーザーが最後にログインした日時です。

date_joined

いつアカウントが作成されたかを示す日時です。アカウントが作成されたとき、デフォルトでは現在の日時がセットされます。

属性

class models.User
is_authenticated

(AnonymousUser.is_authenticated が常に False なのとは対照的に) 常に True の読み取り専用属性です。ユーザが認証済みかどうかを知らせる方法です。これはパーミッションという意味ではなく、ユーザーがアクティブかどうか、また有効なセッションがあるかどうかをチェックするわけでもありません。 通常、request.user のこの属性をチェックして AuthenticationMiddleware (現在ログイン中のユーザを表します) によって格納されているかどうかを調べます。User のインスタンスの場合、この属性は True となります。

is_anonymous

常に False の読み取り専用属性です。User オブジェクトと AnonymousUser オブジェクトを区別する方法です。一般的に、is_authenticated を使う方が好ましいと言えます。

username_validator

Points to a validator instance used to validate usernames. Defaults to validators.UnicodeUsernameValidator.

To change the default username validator, you can subclass the User model and set this attribute to a different validator instance. For example, to use ASCII usernames:

from django.contrib.auth.models import User
from django.contrib.auth.validators import ASCIIUsernameValidator

class CustomUser(User):
    username_validator = ASCIIUsernameValidator()

    class Meta:
        proxy = True  # If no new field is added.

メソッド

class models.User
get_username()

ユーザのユーザ名を返します。User モデルはスワップアウトされることがあるので、ユーザ名を直接参照する代わりにこのメソッドを使う必要があります。

get_full_name()

first_namelast_name をスペースでつないだ文字列を返します。

get_short_name()

first_name を返します。

set_password(raw_password)

指定された生の文字列に、ユーザのパスワードをセットし、パスワードのハッシュ処理を行います。User は保存しません。

raw_passwordNone のとき、set_unusable_password() が使われるのと同じように、パスワードは使用に適さないパスワードになります。

check_password(raw_password)

与えられた生の文字列が、ユーザに対して正しいパスワードであれば True を返します。 (比較する際にはパスワードハッシュを処理します。)

set_unusable_password()

ユーザにパスワードが設定されていないものとしてマークします。これは、パスワードに空の文字列を付けることと同じではありません。ユーザに対する check_password()True を返しません。User オブジェクトを保存しません。

アプリケーションの認証が LDAP ディレクトリなどの既存の外部ソースに対して行われている場合は、これが必要になることがあります。

has_usable_password()

ユーザに対して set_unusable_password() が呼ばれている場合、False を返します。

Changed in Django 2.1:

In older versions, this also returns False if the password is None or an empty string, or if the password uses a hasher that's not in the PASSWORD_HASHERS setting. That behavior is considered a bug as it prevents users with such passwords from requesting a password reset.

get_group_permissions(obj=None)

ユーザがグループを通して持つパーミッションの文字列のセットを返します。

obj が渡されたとき、指定されたオブジェクトに対するグループパーミッションのみを返します。

get_all_permissions(obj=None)

ユーザがグループおよびユーザパーミッションを通して持つパーミッションの文字列のセットを返します。

obj が渡された場合、指定されたオブジェクトに対するパーミッションのみを返します。

has_perm(perm, obj=None)

ユーザが指定されたパーミッションを持っている場合、True を返します。perm は "<app label>.<permission codename>" 形式です。(permissions のドキュメントを参照)。ユーザが非アクティブの場合、このメソッドは常に False を返します。

obj が渡された場合、このメソッドは指定されたオブジェクトに対してパーミッションのチェックを行い、モデルに対しては行いません。

has_perms(perm_list, obj=None)

ユーザが指定されたそれぞれのパーミッションを持っている場合、True を返します。各パーミッションは "<app label>.<permission codename>" 形式です。ユーザが非アクティブの場合、このメソッドは常に False を返します。

obj が渡された場合、このメソッドは指定されたオブジェクトに対してパーミッションのチェックを行い、モデルに対しては行いません。

has_module_perms(package_name)

ユーザが指定されたパッケージ (Django のアプリケーションラベル)内の全パーミッションを持っている場合、True を返します。ユーザが非アクティブの場合、このメソッドは常に False を返します。

email_user(subject, message, from_email=None, **kwargs)

ユーザに E メール送信します。from_emailNone の場合、Django は DEFAULT_FROM_EMAIL を使用します。全ての **kwargs は元となる send_mail() 呼び出しに渡されます。

マネージャメソッド

class models.UserManager

User モデルは、(BaseUserManager で提供されるメソッドに加えて) 以下のヘルパーメソッドを有する独自のマネージャを持っています:

create_user(username, email=None, password=None, **extra_fields)

User を作成、保存して返します。

The username and password are set as given. The domain portion of email is automatically converted to lowercase, and the returned User object will have is_active set to True.

If no password is provided, set_unusable_password() will be called.

The extra_fields keyword arguments are passed through to the User’s __init__ method to allow setting arbitrary fields on a custom user model.

See Creating users for example usage.

create_superuser(username, email, password, **extra_fields)

create_user() と同じですが、is_staffis_superuserTrue にセットします。

AnonymousUser オブジェクト

class models.AnonymousUser

django.contrib.auth.models.AnonymousUser は、django.contrib.auth.models.User インターフェースを実装するクラスで、以下の点が異なります。

実際には、AnonymousUser オブジェクトを自分自身で使う必要はないかもしれませんが、次のセクションで説明するように、Web リクエストで使用されます。

Permission モデル

class models.Permission

フィールド

Permission オブジェクトには以下のフィールドがあります:

class models.Permission
name

必須です。255 文字以下です。例: 'Can vote'

content_type

必須です。django_content_type データベーステーブルへの参照で、インストールされた各モデルのレコードを含みます。

codename

必須です。100 文字以下です。例: 'can_vote'

メソッド

他のあらゆる Django モデル と同じように、Permission オブジェクトも標準的なデータアクセスのメソッドが使えます。

Group モデル

class models.Group

フィールド

Group オブジェクトには以下のフィールドがあります:

class models.Group
name

必須です。80以下です。あらゆる文字列が使えます。例: 'Awesome Users'

permissions

Permission への多対多のフィールドです:

group.permissions.set([permission_list])
group.permissions.add(permission, permission, ...)
group.permissions.remove(permission, permission, ...)
group.permissions.clear()

バリデータ

class validators.ASCIIUsernameValidator

A field validator allowing only ASCII letters and numbers, in addition to @, ., +, -, and _.

class validators.UnicodeUsernameValidator

A field validator allowing Unicode characters, in addition to @, ., +, -, and _. The default validator for User.username.

ログインとログアウトのシグナル

認証フレームワークは、ユーザーがログインやログアウトをしたときの通知に使うことができる、以下の signals を使用します。

user_logged_in()

ユーザがログインに成功したときに送信されます。

このシグナルとともに送信される引数は以下の通りです:

sender
たった今ログインしたユーザのクラスです。
request
現在の HttpRequest インスタンスです。
user
たった今ログインしたユーザのインスタンスです。
user_logged_out()

logout メソッドが呼ばれたときに送信されます。

sender
上記の通り: たった今ログアウトしたユーザのクラス、もしくはユーザが認証されなかった場合は None となります。
request
現在の HttpRequest インスタンスです。
user
たった今ログアウトしたユーザのインスタンスか、ユーザが認証されなかった場合は ``None``です。
user_login_failed()

ユーザがログインに失敗したときに送信されます。

sender
認証のために使われるモジュールの名前です。
credentials
authenticate() か独自の認証バックエンドに渡されたユーザ資格情報を含む、キーワード引数のディクショナリです。'sensitive' パターンのセットに一致する (パスワードを含んだ) 資格情報は、シグナルの一部として明確には送信されません。
request
The HttpRequest object, if one was provided to authenticate().

認証のバックエンド

このセクションでは、Django に付属する認証バックエンドについて詳しく説明します。 使用方法と独自の認証バックエンドの作成方法については、ユーザ認証ガイド他の認証ソースのセクション を参照してください。

利用可能な認証バックエンド

以下のバックエンドが django.contrib.auth.backends 内で利用可能です:

class ModelBackend

This is the default authentication backend used by Django. It authenticates using credentials consisting of a user identifier and password. For Django's default user model, the user identifier is the username, for custom user models it is the field specified by USERNAME_FIELD (see Customizing Users and authentication).

It also handles the default permissions model as defined for User and PermissionsMixin.

has_perm(), get_all_permissions(), get_user_permissions(), and get_group_permissions() allow an object to be passed as a parameter for object-specific permissions, but this backend does not implement them other than returning an empty set of permissions if obj is not None.

authenticate(request, username=None, password=None, **kwargs)

Tries to authenticate username with password by calling User.check_password. If no username is provided, it tries to fetch a username from kwargs using the key CustomUser.USERNAME_FIELD. Returns an authenticated user or None.

requestHttpRequest で、 authenticate() が提供されていない場合 None となる可能性があります。(バックエンドでこれを通過するため).

get_user_permissions(user_obj, obj=None)

Returns the set of permission strings the user_obj has from their own user permissions. Returns an empty set if is_anonymous or is_active is False.

get_group_permissions(user_obj, obj=None)

Returns the set of permission strings the user_obj has from the permissions of the groups they belong. Returns an empty set if is_anonymous or is_active is False.

get_all_permissions(user_obj, obj=None)

Returns the set of permission strings the user_obj has, including both user permissions and group permissions. Returns an empty set if is_anonymous or is_active is False.

has_perm(user_obj, perm, obj=None)

Uses get_all_permissions() to check if user_obj has the permission string perm. Returns False if the user is not is_active.

has_module_perms(user_obj, app_label)

Returns whether the user_obj has any permissions on the app app_label.

user_can_authenticate()

Returns whether the user is allowed to authenticate. To match the behavior of AuthenticationForm which prohibits inactive users from logging in, this method returns False for users with is_active=False. Custom user models that don't have an is_active field are allowed.

class AllowAllUsersModelBackend

Same as ModelBackend except that it doesn't reject inactive users because user_can_authenticate() always returns True.

When using this backend, you'll likely want to customize the AuthenticationForm used by the LoginView by overriding the confirm_login_allowed() method as it rejects inactive users.

class RemoteUserBackend

Use this backend to take advantage of external-to-Django-handled authentication. It authenticates using usernames passed in request.META['REMOTE_USER']. See the Authenticating against REMOTE_USER documentation.

If you need more control, you can create your own authentication backend that inherits from this class and override these attributes or methods:

RemoteUserBackend.create_unknown_user

True or False. Determines whether or not a user object is created if not already in the database Defaults to True.

RemoteUserBackend.authenticate(request, remote_user)

The username passed as remote_user is considered trusted. This method simply returns the user object with the given username, creating a new user object if create_unknown_user is True.

Returns None if create_unknown_user is False and a User object with the given username is not found in the database.

requestHttpRequest で、 authenticate() が提供されていない場合 None となる可能性があります。(バックエンドでこれを通過するため).

RemoteUserBackend.clean_username(username)

Performs any cleaning on the username (e.g. stripping LDAP DN information) prior to using it to get or create a user object. Returns the cleaned username.

RemoteUserBackend.configure_user(user)

Configures a newly created user. This method is called immediately after a new user is created, and can be used to perform custom setup actions, such as setting the user's groups based on attributes in an LDAP directory. Returns the user object.

RemoteUserBackend.user_can_authenticate()

Returns whether the user is allowed to authenticate. This method returns False for users with is_active=False. Custom user models that don't have an is_active field are allowed.

class AllowAllUsersRemoteUserBackend

Same as RemoteUserBackend except that it doesn't reject inactive users because user_can_authenticate always returns True.

Utility functions

get_user(request)[ソース]

Returns the user model instance associated with the given request’s session.

It checks if the authentication backend stored in the session is present in AUTHENTICATION_BACKENDS. If so, it uses the backend's get_user() method to retrieve the user model instance and then verifies the session by calling the user model's get_session_auth_hash() method.

Returns an instance of AnonymousUser if the authentication backend stored in the session is no longer in AUTHENTICATION_BACKENDS, if a user isn't returned by the backend's get_user() method, or if the session auth hash doesn't validate.

Back to Top