ウィジェット

ウィジェットは、Django が HTML の input 要素の表現方法です。ウィジェットは、HTML のレンダリングをコントロールして、ウィジェットに合致する GET/POST ディクショナリからデータを取り出します。

Built-in widgets によって作られる HTML は、<!DOCTYPE html> を対象とした HTML5 シンタックスを使います。例えば、XHTML スタイルである checked='checked' よりも、checked といった boolean 属性を使います。

ちなみに

ウィジェットを form fields と混同しないでください。フォームフィールドは入力値の検証ロジックを扱い、テンプレート内で直接使用されます。ウィジェットはウェブページ上で input 要素から HTML の form をレンダリングし、submit された生データを取り出します。ウィジェットはフォームフィールドにアサイン (assigned) される必要があります。

ウィジェットを指定する

フォーム上でフィールドを指定したときは、Django は描画されるデータのタイプに適したデフォルトのウィジェットを使用します。各フィールドで使われるウィジェットを調べるためには、 ビルトインの Field クラス をご覧ください。

フィールドに異なるウィジェットを使いたい場合は、フィールドを定義するときに widget 引数を使うことができます。例えば:

from django import forms

class CommentForm(forms.Form):
    name = forms.CharField()
    url = forms.URLField()
    comment = forms.CharField(widget=forms.Textarea)

これは、comment のフォームに対して、デフォルトの TextInput ウィジェットではなく、より大きなサイズの Textarea ウィジェットを指定しています。

ウィジェットの引数を設定する

多くのウィジェットは、省略可能な追加の引数を持っています; これらは、フィールド上でウィジェットを定義する際にセットできます。以下の例では、SelectDateWidget に対して years 属性がセットされます:

from django import forms

BIRTH_YEAR_CHOICES = ('1980', '1981', '1982')
FAVORITE_COLORS_CHOICES = (
    ('blue', 'Blue'),
    ('green', 'Green'),
    ('black', 'Black'),
)

class SimpleForm(forms.Form):
    birth_year = forms.DateField(widget=forms.SelectDateWidget(years=BIRTH_YEAR_CHOICES))
    favorite_colors = forms.MultipleChoiceField(
        required=False,
        widget=forms.CheckboxSelectMultiple,
        choices=FAVORITE_COLORS_CHOICES,
    )

使用可能なウィジェットとそれぞれの引数の詳細については、ビルトインのウィジェット をご覧ください。

Select ウィジェットを継承したウィジェット

Select ウィジェットを継承したウィジェットは、選択肢を扱います。これらはユーザーに選択肢のリストを提示します。提示される選択肢はウィジェットによって異なります; Select ウィジェット自体は、<select> HTML のリスト表現を使い、一方で RadioSelect はラジオボタンを使います。

Select ウィジェットは、 ChoiceField フィールド上でデフォルトで使われます。

>>> from django import forms
>>> CHOICES = (('1', 'First',), ('2', 'Second',))
>>> choice_field = forms.ChoiceField(widget=forms.RadioSelect, choices=CHOICES)
>>> choice_field.choices
[('1', 'First'), ('2', 'Second')]
>>> choice_field.widget.choices
[('1', 'First'), ('2', 'Second')]
>>> choice_field.widget.choices = ()
>>> choice_field.choices = (('1', 'First and only',),)
>>> choice_field.widget.choices
[('1', 'First and only')]

とは言うものの、choices 属性を提供するウィジェットは、選択肢に基づかないフィールド -- 例えば CharField -- とともに使うことができますが、選択肢がモデルに継承され、単に表示されるだけのウィジェットではないときには、ChoiceField に基づいたフィールドを使うことをお勧めします。

ウィジェットのインスタンスをカスタマイズする

Django は、HTML としてウィジェットをレンダリングするとき、最低限のマークアップだけをレンダリングします - Django はクラスの名前や、他のあらゆるウィジェット特有の属性を追加しません。これは、例えば、すべての TextInput ウィジェットはウェブページ上で同じに表示されることを意味します。

ウィジェットをカスタマイズする方法には 2 つあります: ウィジェットごとのインスタンスウィジェットごとのクラス です。

ウィジェットのインスタンスにスタイルを設定する

1 つのウィジェットのインスタンスを他と異なる見た目にしたい場合、ウィジェットのオブジェクトをインスタンス化してフォームフィールドに割り当てるタイミングで、追加の属性を指定する必要があります (そしておそらく、あなたの CSS ファイルにいくつか記述を追加する必要もあります)。

例えば、以下のサンプルフォームを見てください:

from django import forms

class CommentForm(forms.Form):
    name = forms.CharField()
    url = forms.URLField()
    comment = forms.CharField()

このフォームは、デフォルトのレンダリングとともに、3 つのデフォルトの TextInput ウィジェットを含みます -- CSS のクラスも追加の属性もありません。これは、それぞれのウィジェットに対して提供された input ボックスが、以下とまったく同じくレンダリングされることを意味します。

>>> f = CommentForm(auto_id=False)
>>> f.as_table()
<tr><th>Name:</th><td><input type="text" name="name" required /></td></tr>
<tr><th>Url:</th><td><input type="url" name="url" required /></td></tr>
<tr><th>Comment:</th><td><input type="text" name="comment" required /></td></tr>

実際のウェブページでは、全てのウィジェットを同じ見た目にしたいことはあまりありません。コメントに対しては大きめの input 要素にしたいでしょうし、'名前' のウィジェットには特別な CSS クラスを適用したいでしょう。新しい HTML5 の input のタイプを利用するために、'type' 属性を指定することも可能です。これらを実現するためには、ウィジェットを作成するときに Widget.attrs 引数を使います:

class CommentForm(forms.Form):
    name = forms.CharField(widget=forms.TextInput(attrs={'class': 'special'}))
    url = forms.URLField()
    comment = forms.CharField(widget=forms.TextInput(attrs={'size': '40'}))

Django はこれで、レンダリングされたアウトプットに、追加的な要素を含むようになります:

>>> f = CommentForm(auto_id=False)
>>> f.as_table()
<tr><th>Name:</th><td><input type="text" name="name" class="special" required /></td></tr>
<tr><th>Url:</th><td><input type="url" name="url" required /></td></tr>
<tr><th>Comment:</th><td><input type="text" name="comment" size="40" required /></td></tr>

attrs を使った HTML の id をセットすることもできます。BoundField.id_for_label で例をご覧ください。

ウィジェットのクラスにスタイルを設定する

ウィジェットとともに、アセット (cssjavascript) 、およびより詳細にカスタマイズされた見た目や動作を追加することができます。

要するに、ウィジェットをサブクラス化して、 "Media" 内部クラスの定義"media" プロパティの作成 のどちらかをする必要があります。

これらのメソッドにはやや高度なPythonプログラミングが含まれており、トピックガイド Form Assets で詳しく説明しています。

ウィジェットの base クラス

WidgetMultiWidget といった基本ウィジェットは、ビルトインのウィジェット によってサブクラス化され、カスタムウィジェットのための基礎となります。

ウィジェット

class Widget(attrs=None)[ソース]

この抽象クラスはレンダリングできませんが、基本的な属性 render() を実行するかオーバーライドできます。

attrs

ディクショナリは、レンダリングされたウィジェット上にセットされる HTML の属性を含んでいます。

>>> from django import forms
>>> name = forms.TextInput(attrs={'size': 10, 'title': 'Your name',})
>>> name.render('name', 'A name')
'<input title="Your name" type="text" name="name" value="A name" size="10" required />'

TrueFalse の値を割り当てた場合は、HTML5 の ブール属性としてレンダリングされます。

>>> name = forms.TextInput(attrs={'required': True})
>>> name.render('name', 'A name')
'<input name="name" type="text" value="A name" required />'
>>>
>>> name = forms.TextInput(attrs={'required': False})
>>> name.render('name', 'A name')
'<input name="name" type="text" value="A name" />'
supports_microseconds

True をデフォルト値にする属性です。False にセットされた場合は、datetimetime のマイクロ秒の部分の値は、0 にセットされます。

format_value(value)[ソース]

ウィジェットのテンプレートで使うための値を整えて返します。value は入力値が検証されるとは限りません。そのため、サブクラスの実行は防衛的にプログラムされなければなりません。

get_context(name, value, attrs)[ソース]
New in Django 1.11.

Returns a dictionary of values to use when rendering the widget template. By default, the dictionary contains a single key, 'widget', which is a dictionary representation of the widget containing the following keys:

  • 'name': The name of the field from the name argument.
  • 'is_hidden': A boolean indicating whether or not this widget is hidden.
  • 'required': A boolean indicating whether or not the field for this widget is required.
  • 'value': The value as returned by format_value().
  • 'attrs': HTML attributes to be set on the rendered widget. The combination of the attrs attribute and the attrs argument.
  • 'template_name': The value of self.template_name.

Widget subclasses can provide custom context values by overriding this method.

id_for_label(id_)[ソース]

このウィジェットのフィールドの ID が付与された <label> で使われるための HTML の ID 属性を返します。 IDが有効でない場合は None を返します。

いくつかのウィジェットは複数の HTML 要素、そして、複数の ID を持っているため、このフックが必要です。この場合、このメソッドは、ウィジェットのタグの最初の ID と一致する ID 値を返す必要があります。

render(name, value, attrs=None, renderer=None)[ソース]

Renders a widget to HTML using the given renderer. If renderer is None, the renderer from the FORM_RENDERER setting is used.

Changed in Django 1.11:

The renderer argument was added. Support for subclasses that don't accept it will be removed in Django 2.1.

value_from_datadict(data, files, name)[ソース]

データとこのウィジェットの名前のディクショナリが与えられ、このウィジェットの値を返します。files には request.FILES からのデータが含まれている可能性があります。値が指定されなかった場合は None を返します。 また、value_from_datadict はフォームデータの処理中に複数回呼び出される可能性があるので、カスタマイズして複雑な処理を追加する場合は、自分でキャッシュの仕組みを実装する必要があります。

value_omitted_from_data(data, files, name)[ソース]

datafiles のディクショナリとこのウィジェットの名前が与えられ、ウィジェットのためのデータやファイルが存在するかを返します。

メソッドの結果は、モデルフォームのフィールドが デフォルトに逆戻りする かどうかに影響します。

Special cases are CheckboxInput, CheckboxSelectMultiple, and SelectMultiple, which always return False because an unchecked checkbox and unselected <select multiple> don't appear in the data of an HTML form submission, so it's unknown whether or not the user submitted a value.

use_required_attribute(initial)[ソース]

フォームフィールドの 初期の 値が与えられ、ウィジェットが 必要な HTML 属性とともにレンダリングできるかどうかを返します。フォームは、各フィールドに 必要な 属性を描画するかどうかを決定するために、Field.requiredForm.use_required_attribute とともにこのメソッドを使います。

デフォルトでは、hidden のウィジェットには Flase を、それ以外には True を返します。特別な場合は、initial がセットされていないとき False を返す ClearableFileInput と、ブラウザの検証が最低 1 つではなく全チェックボックスがチェックされていることを要求するため常に False を返す CheckboxSelectMultiple です。

ブラウザの検証と互換性のないカスタムウィジェットでは、このメソッドをオーバーライドしてください。例えば、ある非表示の textarea 要素が背後にある WSYSIWG テキストエディタのウィジェットは、ブラウザが非表示のフィールドを検証するのを避けるため、常に False を返したがるかもしれません。

MultiWidget

class MultiWidget(widgets, attrs=None)[ソース]

複数のウィジェットで構成されたウィジェットです。MultiWidgetMultiValueField と協調して動作します。

MultiWidget には 1 つの必要な引数があります。

widgets

必要なウィジェットを含む反復可能なものです。

それと、1 つの必要なメソッドです:

decompress(value)[ソース]

このメソッドは、フィールドから単一の "圧縮された" 値を取り、"解凍された" 値のリストを返します。入力された値は検証済みと見なせますが、空 (empty)でないとは限りません。

このメソッドは、サブクラスによって 実行される必要があり、値が空 (empty) かもしれないので、処理は防衛的である必要があります。

"解凍" の裏にある根本的な原理は、フォームのフィールドから各ウィジェットの値に、結合された値を "分割する" 必要があることです。

以下は、SplitDateTimeWidget が どのように SplitDateTimeWidget の値を 2 つの分割された値に日付や時刻とともにリストに入れるかの例です:

from django.forms import MultiWidget

class SplitDateTimeWidget(MultiWidget):

    # ...

    def decompress(self, value):
        if value:
            return [value.date(), value.time().replace(microsecond=0)]
        return [None, None]

ちなみに

MultiValueField が、正反対の責務 - 全メンバーフィールドの整えられた値を 1 つにまとめること - を持つ補完メソッド compress() を持っていることを覚えておいてください。

It provides some custom context:

get_context(name, value, attrs)[ソース]

In addition to the 'widget' key described in Widget.get_context(), MultiValueWidget adds a widget['subwidgets'] key.

These can be looped over in the widget template:

{% for subwidget in widget.subwidgets %}
    {% include widget.template_name with widget=subwidget %}
{% endfor %}

異なるセレクトボックス内で MultiWidget を日、月、年とともに日付を表示するためにサブクラス化するウィジェットの例です。このウィジェットは MultiValueField ではなく DateField とともに使われることを意図しています。そして、value_from_datadict() が実行されています:

from datetime import date
from django.forms import widgets

class DateSelectorWidget(widgets.MultiWidget):
    def __init__(self, attrs=None):
        # create choices for days, months, years
        # example below, the rest snipped for brevity.
        years = [(year, year) for year in (2011, 2012, 2013)]
        _widgets = (
            widgets.Select(attrs=attrs, choices=days),
            widgets.Select(attrs=attrs, choices=months),
            widgets.Select(attrs=attrs, choices=years),
        )
        super().__init__(_widgets, attrs)

    def decompress(self, value):
        if value:
            return [value.day, value.month, value.year]
        return [None, None, None]

    def value_from_datadict(self, data, files, name):
        datelist = [
            widget.value_from_datadict(data, files, name + '_%s' % i)
            for i, widget in enumerate(self.widgets)]
        try:
            D = date(
                day=int(datelist[0]),
                month=int(datelist[1]),
                year=int(datelist[2]),
            )
        except ValueError:
            return ''
        else:
            return str(D)

コンストラクタは、タプル内に複数の Select ウィジェットを作成します。super クラスは、このタプルをウィジェットをセットアップするために使います。

必要なメソッド decompress()datetime.date の値を各ウィジェットに対応する日、月、年の値に分解します。メソッドが、 valueNone のケースをどのように扱うか覚えておいてください。

value_from_datadict() のデフォルトの処理は、各 ウィジェット に一致する値のリストを返します。MultiWidgetMultiValueField とともに使うときには適していますが、このウィジェットを単一の値を取る class:~django.forms.DateField とともに使いたいので、サブウィジェットのデータを datetime.date にまとめるようメソッドはオーバーライドされています。メソッドは POST ディクショナリからデータを展開し構成して、日付を検証します。値が適正な場合、文字列を返します。適正でなければ、 form.is_validFalse を返させるための空の文字列を返します。

ビルトインのウィジェット

Django は、全ての基本的な HTML ウィジェットの表現のほか、django.forms.widgets でいくつかの一般的に使われるウィジェットのグループを提供します。これは テキストの入力多種のチェックボックスおよび選択肢ファイルアップロード複数値の入力の扱い を含みます。

テキストの入力を扱うウィジェット

これらのウィジェットは、 inputtextarea の HTML 要素を使います。

TextInput

class TextInput[ソース]
  • input_type: 'text'
  • template_name: 'django/forms/widgets/text.html'
  • Renders as: <input type="text" ...>

NumberInput

class NumberInput[ソース]
  • input_type: 'number'
  • template_name: 'django/forms/widgets/number.html'
  • Renders as: <input type="number" ...>

全てのブラウザが number input タイプへローカライズされた数値を入力することをサポートしていない点に注意してください。Django 自身、localize プロパティが True にセットされたフィールドでは、これらを使用しません。

EmailInput

class EmailInput[ソース]
  • input_type: 'email'
  • template_name: 'django/forms/widgets/email.html'
  • Renders as: <input type="email" ...>

URLInput

class URLInput[ソース]
  • input_type: 'url'
  • template_name: 'django/forms/widgets/url.html'
  • Renders as: <input type="url" ...>

PasswordInput

class PasswordInput[ソース]
  • input_type: 'password'
  • template_name: 'django/forms/widgets/password.html'
  • Renders as: <input type="password" ...>

1 つの省略可能な引数を取ります:

render_value

バリデーションエラーの後、フォームが再描画されるときにウィジェットに値を書き込むかどうかを決めます (デフォルトは False です)。

HiddenInput

class HiddenInput[ソース]
  • input_type: 'hidden'
  • template_name: 'django/forms/widgets/hidden.html'
  • Renders as: <input type="hidden" ...>

hidden の Input 要素のセットをカプセル化する MultipleHiddenInput ウィジェットもあります。

DateInput

class DateInput[ソース]
  • input_type: 'text'
  • template_name: 'django/forms/widgets/date.html'
  • Renders as: <input type="text" ...>

TextInput と同じ引数を取り、さらに 1 つ省略可能な引数があります:

format

このフィールドの初期値が描画されるフォーマットです。

format 引数が渡されないとき、デフォルトのフォーマットは DATE_INPUT_FORMATS 内で最初に見つかったフォーマットで、表示形式のローカル化 を尊重します。

DateTimeInput

class DateTimeInput[ソース]
  • input_type: 'text'
  • template_name: 'django/forms/widgets/datetime.html'
  • Renders as: <input type="text" ...>

TextInput と同じ引数を取り、さらに 1 つ省略可能な引数があります:

format

このフィールドの初期値が描画されるフォーマットです。

format 引数が渡されないとき、デフォルトのフォーマットは DATETIME_INPUT_FORMATS 内で最初に見つかったフォーマットで、表示形式のローカル化 を尊重します。

デフォルトでは、時刻のマイクロ秒部分は常に 0 にセットされます。マイクロ秒が必要な場合は、サブクラスで supports_microseconds 属性を True にセットして使ってください。

TimeInput

class TimeInput[ソース]
  • input_type: 'text'
  • template_name: 'django/forms/widgets/time.html'
  • Renders as: <input type="text" ...>

TextInput と同じ引数を取り、さらに 1 つ省略可能な引数があります:

format

このフィールドの初期値が描画されるフォーマットです。

format 引数が渡されないとき、デフォルトのフォーマットは TIME_INPUT_FORMATS 内で最初に見つかったフォーマットで、表示形式のローカル化 を尊重します。

マイクロ秒の扱いについては、DateTimeInput を参照してください。

Textarea

class Textarea[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/textarea.html'
  • Renders as: <textarea>...</textarea>

セレクタおよびチェックボックスのウィジェット

These widgets make use of the HTML elements <select>, <input type="checkbox">, and <input type="radio">.

Widgets that render multiple choices have an option_template_name attribute that specifies the template used to render each choice. For example, for the Select widget, select_option.html renders the <option> for a <select>.

CheckboxInput

class CheckboxInput[ソース]
  • input_type: 'checkbox'
  • template_name: 'django/forms/widgets/checkbox.html'
  • Renders as: <input type="checkbox" ...>

1 つの省略可能な引数を取ります:

check_test

CheckboxInput の値を受け取り、チェックボックスがチェックされる必要がある場合は True を返す callable です。

Select

class Select[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/select.html'
  • option_template_name: 'django/forms/widgets/select_option.html'
  • Renders as: <select><option ...>...</select>
choices

フォームのフィールドに choices 属性がない場合、この属性は省略可能です。この属性がある場合には、Field で属性が更新されたときにセットされた全てをオーバーライドします。

NullBooleanSelect

class NullBooleanSelect[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/select.html'
  • option_template_name: 'django/forms/widgets/select_option.html'

'Unknown'、'Yes'、'No' の選択肢ウィジェット

SelectMultiple

class SelectMultiple[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/select.html'
  • option_template_name: 'django/forms/widgets/select_option.html'

Similar to Select, but allows multiple selection: <select multiple="multiple">...</select>

RadioSelect

class RadioSelect[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/radio.html'
  • option_template_name: 'django/forms/widgets/radio_option.html'

Select`と似ているが ``<li>` タグでラジオボランのリストとして表示:

<ul>
  <li><input type="radio" name="..."></li>
  ...
</ul>

For more granular control over the generated markup, you can loop over the radio buttons in the template. Assuming a form myform with a field beatles that uses a RadioSelect as its widget:

{% for radio in myform.beatles %}
<div class="myradio">
    {{ radio }}
</div>
{% endfor %}

This would generate the following HTML:

<div class="myradio">
    <label for="id_beatles_0"><input id="id_beatles_0" name="beatles" type="radio" value="john" required /> John</label>
</div>
<div class="myradio">
    <label for="id_beatles_1"><input id="id_beatles_1" name="beatles" type="radio" value="paul" required /> Paul</label>
</div>
<div class="myradio">
    <label for="id_beatles_2"><input id="id_beatles_2" name="beatles" type="radio" value="george" required /> George</label>
</div>
<div class="myradio">
    <label for="id_beatles_3"><input id="id_beatles_3" name="beatles" type="radio" value="ringo" required /> Ringo</label>
</div>

That included the <label> tags. To get more granular, you can use each radio button's tag, choice_label and id_for_label attributes. For example, this template...

{% for radio in myform.beatles %}
    <label for="{{ radio.id_for_label }}">
        {{ radio.choice_label }}
        <span class="radio">{{ radio.tag }}</span>
    </label>
{% endfor %}

...will result in the following HTML:

<label for="id_beatles_0">
    John
    <span class="radio"><input id="id_beatles_0" name="beatles" type="radio" value="john" required /></span>
</label>

<label for="id_beatles_1">
    Paul
    <span class="radio"><input id="id_beatles_1" name="beatles" type="radio" value="paul" required /></span>
</label>

<label for="id_beatles_2">
    George
    <span class="radio"><input id="id_beatles_2" name="beatles" type="radio" value="george" required /></span>
</label>

<label for="id_beatles_3">
    Ringo
    <span class="radio"><input id="id_beatles_3" name="beatles" type="radio" value="ringo" required /></span>
</label>

If you decide not to loop over the radio buttons -- e.g., if your template simply includes {{ myform.beatles }} -- they'll be output in a <ul> with <li> tags, as above.

The outer <ul> container receives the id attribute of the widget, if defined, or BoundField.auto_id otherwise.

When looping over the radio buttons, the label and input tags include for and id attributes, respectively. Each radio button has an id_for_label attribute to output the element's ID.

CheckboxSelectMultiple

class CheckboxSelectMultiple[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/checkbox_select.html'
  • option_template_name: 'django/forms/widgets/checkbox_option.html'

Similar to SelectMultiple, but rendered as a list of check buttons:

<ul>
  <li><input type="checkbox" name="..." ></li>
  ...
</ul>

The outer <ul> container receives the id attribute of the widget, if defined, or BoundField.auto_id otherwise.

Like RadioSelect, you can loop over the individual checkboxes for the widget's choices. Unlike RadioSelect, the checkboxes won't include the required HTML attribute if the field is required because browser validation would require all checkboxes to be checked instead of at least one.

When looping over the checkboxes, the label and input tags include for and id attributes, respectively. Each checkbox has an id_for_label attribute to output the element's ID.

ファイルアップロード用ウィジェット

FileInput

class FileInput[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/file.html'
  • Renders as: <input type="file" ...>

ClearableFileInput

class ClearableFileInput[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/clearable_file_input.html'
  • Renders as: <input type="file" ...> with an additional checkbox input to clear the field's value, if the field is not required and has initial data.

複合ウィジェット

MultipleHiddenInput

class MultipleHiddenInput[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/multiple_hidden.html'
  • Renders as: multiple <input type="hidden" ...> tags

A widget that handles multiple hidden widgets for fields that have a list of values.

choices

フォームのフィールドに choices 属性がない場合、この属性は省略可能です。この属性がある場合には、Field で属性が更新されたときにセットされた全てをオーバーライドします。

SplitDateTimeWidget

class SplitDateTimeWidget[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/splitdatetime.html'

Wrapper (using MultiWidget) around two widgets: DateInput for the date, and TimeInput for the time. Must be used with SplitDateTimeField rather than DateTimeField.

SplitDateTimeWidget has several optional arguments:

date_format

attr:DateInput.format と同様。

time_format

TimeInput.format と同様

date_attrs
time_attrs
New in Django 2.0.

Similar to Widget.attrs. A dictionary containing HTML attributes to be set on the rendered DateInput and TimeInput widgets, respectively. If these attributes aren't set, Widget.attrs is used instead.

SplitHiddenDateTimeWidget

class SplitHiddenDateTimeWidget[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/splithiddendatetime.html'

Similar to SplitDateTimeWidget, but uses HiddenInput for both date and time.

SelectDateWidget

class SelectDateWidget[ソース]
  • template_name: 'django/forms/widgets/select_date.html'

Wrapper around three Select widgets: one each for month, day, and year.

Takes several optional arguments:

years

An optional list/tuple of years to use in the "year" select box. The default is a list containing the current year and the next 9 years.

months

An optional dict of months to use in the "months" select box.

The keys of the dict correspond to the month number (1-indexed) and the values are the displayed months:

MONTHS = {
    1:_('jan'), 2:_('feb'), 3:_('mar'), 4:_('apr'),
    5:_('may'), 6:_('jun'), 7:_('jul'), 8:_('aug'),
    9:_('sep'), 10:_('oct'), 11:_('nov'), 12:_('dec')
}
empty_label

If the DateField is not required, SelectDateWidget will have an empty choice at the top of the list (which is --- by default). You can change the text of this label with the empty_label attribute. empty_label can be a string, list, or tuple. When a string is used, all select boxes will each have an empty choice with this label. If empty_label is a list or tuple of 3 string elements, the select boxes will have their own custom label. The labels should be in this order ('year_label', 'month_label', 'day_label').

# A custom empty label with string
field1 = forms.DateField(widget=SelectDateWidget(empty_label="Nothing"))

# A custom empty label with tuple
field1 = forms.DateField(
    widget=SelectDateWidget(
        empty_label=("Choose Year", "Choose Month", "Choose Day"),
    ),
)
Back to Top