WSGI とともにデプロイするには

Django の主要なデプロイプラットフォームは、 Web サーバと Web アプリケーション に関して Python の標準である WSGI です。

Django の startproject 管理用コマンドはシンプルなデフォルトの WSGI 設定をセットアップします。必要に応じて、あなたのプロジェクトと WSGI 準拠の Web サーバに合わせて微調整することができます。

Django には以下の WSGI サーバのために、手引きとなるドキュメントが用意されています:

The application object

WSGI デプロイでキーとなる概念は、Web サーバがあなたのコードと通信するために使う application という呼び出し可能オブジェクトです。これは一般的に、サーバにアクセスできる Python モジュールの中で application という名前のオブジェクトとして提供されています。

startproject コマンドは、この application 呼び出し可能オブジェクトを含む <project_name>/wsgi.py ファイルを生成します。

これは、Django のデプロイサーバーによって、また WSGI デプロイプロダクションにおいて、これら両方で使われます。

WSGI サーバーは application 呼び出し可能オブジェクトへのパスを、その設定から取得します。Django のビルトインサーバー (要するに runserver コマンド) は、WSGI_APPLICATION の設定からこれを読み出します。デフォルトでは、 <project_name>/wsgi.py 内の application 呼び出し可能オブジェクトを指す <project_name>.wsgi.application がセットされています。

設定モジュールを設定する

WSGI サーバがあなたのアプリケーションを読み込むとき、Django は設定モジュールをインポートする必要があります。そのモジュールは、あなたのアプリケーション全体が定義されている場所です。

Django は適切な設定モジュールを見つけるために、 DJANGO_SETTINGS_MODULE 環境変数を使用します。これは設定モジュールへのドット区切りのパスを含んでいなければなりません。開発時と実運用時で別々の値を使用することも可能です。どのように設定を組織するか次第です。

この値が設定されていない場合、初期生成ファイルである wsgi.py は、 mysite.settings をこの値として設定します。ここで mysite はプロジェクトの名前です。このようにして初期設定ファイルを見つけるのが、 runserver にあらかじめ用意されている方法です。

注釈

環境変数は、同一プロセス内においては同じ値が使われます。このため、単一プロセスで複数の Django サイトを運用する場合は、適切に機能しません。これは mod_wsgi を使用する場合に起こります。

この問題を回避するためには、サイトごとに固有の daemon プロセスを mod_wsgi の daemon モードで運用するか、もしくは wsgi.py ファイル内で os.environ["DJANGO_SETTINGS_MODULE"] = "mysite.settings" を実行して環境変数の値を上書きします。

Applying WSGI middleware

To apply WSGI middleware you can simply wrap the application object. For instance you could add these lines at the bottom of wsgi.py:

from helloworld.wsgi import HelloWorldApplication
application = HelloWorldApplication(application)

You could also replace the Django WSGI application with a custom WSGI application that later delegates to the Django WSGI application, if you want to combine a Django application with a WSGI application of another framework.

Back to Top