クイックインストールガイド

Django を使う前に、インストールをする必要があります。 Django にはできることをすべてカバーした インストールガイド があります。これはシンプルでミニマルなインストールガイドで、 Django の導入部分までが説明されています。

Python をインストールする

Python の W​​eb フレームワークなので、DjangoはPythonを必要になります。詳細については、どのバージョンの Python でどのバージョンの Django が使えますか? を見てください。 Python には SQLite という軽量のデータベースが含まれているので、データベースを設定する必要はまだありません。

https://www.python.org/download/ または、OS のパッケージマネージャで Python の最新バージョンを入手してください。

Django on Jython

もし Jython (Python のJava プラットフォーム実装) を使っている場合は、いくつか追加のステップを実行する必要があります。詳細は Running Django on Jython を見てください。

Python がインストールされてるかを確かめるには python とシェルでタイプします。このように表示されるはずです:

Python 3.4.x
[GCC 4.x] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

データベースを設定する

このステップはあなたが “大きな” データベースエンジン、 PostgreSQL 、 MySQL や Oracle を使っている場合に必要です。これらのデータベースをインストールするには、 データベースのインストール方法 を参照してください。

古いバージョンの Django を削除する

前バージョンの Django をアップグレードするには、 新しい Django をインストールする前に、古いバージョンの Django をアンインストールする 必要があります。

Django をインストールする

Django をインストールするには 3 つの方法があります:

  • OSディストリビューションに提供される Django のバージョンをインストールします。 Django を配布している OS を使っている人には最速の方法です。

  • オフィシャルリリースをインストールする 。これは多くのユーザで良い方法です。

  • 最新の開発版のインストール。この選択肢は、最新の素晴らしい機能を利用し、書き立てのコードを実行することに抵抗のない人のためのものです。開発版で新しいバグに遭遇したとき、それらを報告することで Django の開発に役立つ可能性があります。また、サードパーティ製のパッケージは最新の安定版と比べて開発版と互換性がある可能性は低いです。

常に使用している Django のバージョンに対応するマニュアルを参照してください!

初め 2 ステップのどちらかをした場合は、ドキュメントの new in development version とマークされた部分に気をつけてください。このフレーズは Django の開発版でのみ利用可能な機能であると意味しており、公式リリースではおそらく動作しません。

動作確認

Djnago が Python から見れるか確認をするには、シェルで python とタイプして、 Python プロンプトから Django をインポートします:

>>> import django
>>> print(django.get_version())
1.9

別バージョンの Django がインストールされてるかもしれません。

これだけです!

これだけです。 チュートリアルに進みましょう </intro/tutorial01>

Back to Top